バイクの廃車手続き

 

乗らなくなったバイクや、個人売買でバイクを売却する時は、廃車手続きを先に済ませておくとよいでしょう。

 

バイクは乗らなくても、ナンバーが付いていると自動車税が発生します。

 

また、個人売買でバイクを売る時は、あらかじめ廃車した状態で渡す事で、名義変更をしてもらえないトラブルや、名義変更前に事故や違反を起こされるトラブルを回避できます。

 

バイクの廃車手続きの方法は、排気量によって異なりますので、それぞれ詳しく紹介します。


125cc以下のバイクの廃車手続き

125cc以下の原付バイクと原付2種バイクの廃車手続きは、ナンバーが付いている市区町村の役場で行います。出張所ではなく、市役所等の窓口に行く必要があります。
廃車手続きに必要な書類は次のものがあります。

 

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 認印
  • 身分証(主に運転免許証)
  • 委任状(第三者が行う場合)

 

標識交付証明書を紛失した場合でも、本人確認や委任状などの確認ができれば、その場で再発行と廃車手続きを同時に行ってくれます。
自分で窓口に行って廃車手続きを行えば、費用はかかりません。

 

引越しをして、登録住所と現住所が違う場合

125cc以下のバイクは原則、ナンバーが付いている登録時の管轄の役所で廃車手続きを行います。県外など遠方へ転居した場合は、最寄りの役所に電話が窓口で事情を話して問い合わせをしてみましょう。

 

役所によっては、管轄外のナンバーの廃車手続きを受け入れてくれる場合があります。この場合、管轄外の役所が処理をするのではなく、受付した役所から郵送で、管轄の役所に書類とナンバーを送付して廃車手続きが行われます。

 

もし、現住所の役所に断られた場合は、ナンバープレートに記載されている役所に電話で問い合わせをした後、郵送でのやり取りで廃車手続きを行います。

 

125ccを超えるバイクの廃車手続き

125cccを超えるバイクは、全国各地にある陸運局で廃車手続きを行います。廃車手続きは現在のナンバーが付いている陸運局以外でも行えます。廃車手続きに必要な書類は次の通りです。

 

  • 軽自動車届出証(250cc以下の車検がないバイク)
  • 車検証(250ccを超える車検が必要なバイク)
  • ナンバープレート
  • 認印
  • 身分証(主に運転免許証)
  • 委任状(第三者が行う場合)

 

以上の書類を持って、陸運局の窓口に行って手続きを行います。陸運局で、次の書類の記入と行い、各窓口を回っていきます。陸運局で用意されている書類は次のものがあります。

 

  • 軽自動車届出証返納届け(250cc以下のバイクの場合)
  • 軽自動車届出証返納証明書交付請求書(250cc以下のバイクの場合)
  • 抹消登録申請書(250cc超えのバイクの場合)
  • 手数料納付書(250cc超えのバイクの場合)
  • 軽自動車税申告書

 

陸運局内の申請書記入カウンターに記入例があるので参考にしましょう。手続きの流れや書類の記入方法は、陸運局のスタッフが教えてくれます。自分で手続きを行えば、500円ほどの陸運局の手数料で手続きができます。

 

もし、面倒な事務手続きに不安が大きい方は、陸運局に隣接している代書屋(陸運局の手続きを専門にしている行政書士事務所)に、ナンバーや車検証など必要書類を一式持っていけば、代行や書類作成をしてくれます。代書屋の手数料相場は3千円前後です。

 

廃車時の書類は大切に取っておく

廃車をすると、排気量に応じて次の書類が交付されます。

 

  • 廃車証明書(125cc以下のバイク)
  • 軽自動車届出証返納証明書(125cc超え250cc以下のバイク)
  • 自動車検査証返納証明書(250ccを超えるバイク)

 

これらの廃車時に交付される書類は、バイクを売却したり再びナンバーを取得する際に必要です。必ず、大事に保管しておくようにしましょう。

 

廃車したバイクの処分方法

陸運局や役所で廃車手続きを終えたバイクの処分方法は次のものがあります。

 

  • 業者に売却する
  • 個人売買やネットオークションで売却する
  • 業者に無料引取りをお願いする
  • スクラップ屋に売る

 

バイクは車と違い、自動車リサイクル法の適用外なので、廃車手続きが完了したバイクはどのように処分しても問題ありません。

 

価値があるバイクは買取専門業者などに買取してもらいましょう。価値がないバイクでも、無料引き取りをしてくれます。業者によっては廃車費用を請求してくる所もありますが、バイクの解体は車のようにエアバックやフロン(エアコン)の処理がないのでコストがかかりません。

 

買取専門店であれば、大体どのようなバイクでも無料で引き取ってもらえます。スクラップ屋に持ち込めば、鉄として買取をしてもらえる事もあります。

 

乗らなくなったバイクや個人売買で売却する時は、廃車手続きを行っておくと便利です。
バイクの廃車手続きは排気量によって必要書類や受付窓口が違います。
手続きは誰でも簡単にできるので、ナンバーや登録書類、印鑑を持って管轄の役所や陸運局の窓口に行って廃車をしておきましょう。
廃車後に車体を売却や処分するまでは、書類は大切に保管しておきましょう。

かんたんに高くバイクを売却するには?

「バイク王」は実績豊富な大手買取店で安心買取
  • バイク仕入実績150 万台*
  • 査定スタッフ対応満足度93%!**
  • 高価買取を実現する流通ネットワーク
*2002 年9 月から2014年11月までの当社累計バイク仕入台数
**バイク王で査定した方への郵送アンケート調査結果より(2015年6月実施、自社調べ)

豊富な実績、対応満足度の高さ、また独自のネットワークを武器とした高価買取り実績があります。 1社だけでも高価買取りしてもらえるので簡単・便利!

 

スピード対応と絶版車、事故車、不動車に強い「バイクランド」
●バイク王と「バイクランド」で査定比較して高く売る

  • 業界2位のバイク買取専門業者
  • 即日対応できるスピーディーさと、即日現金払い
  • 事故車、不動車の買取に強い

スピーディーな対応と他の業者では値段が付きにくい車種の買取で、バイク買取専門業者ではバイク王に次ぐ2番目のシェアを誇ってます。
ネット査定と不動車や不人気車、大型バイクの査定ならバイクワン
●他社の弱みに強みあり「バイクワン」

  • オンライン査定が人気
  • 不動車や不人気車、大型バイクにつよい
  • 対応がスピーディー

「バイクワン」も比較査定すれば間違いない
バイクワンは、大手が苦手にしているジャンルは強いのですが、それ以外のジャンルで低めの査定が出ることがあるようです。
「バイク王」「バイクランド」とあわせて比較査定すれば、どのジャンルのバイクでも高く売れるところが見つかるでしょう。